スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

香味野菜(薬味)の保存方法

Mar 14

近藤典子さんの「家事の花道」で「香味野菜を使い切る」というお話を見つけました。
私もしょうがやにんにくetcすぐ駄目にしてしまうので試してみようと思います。

……今週からは、余らせてしまいがちな食材を上手に使い切る工夫を具体的に紹介していきます。
使いきりが難しい食材といえばパセリやニンニクなどの香味野菜。欠かせないスパイスとはいえ、毎日たくさん使うものではないですよね。
でも大丈夫!

まず、パセリや青じそ。そのまま置いておくと変色してクタクタになってしまいます。3~4日もたせたいなら、水を入れたコップに差す、ぬらしたペーパータオルで茎を包み保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れるなどしましょう。この時、葉に水がつくと痛みます。ご注意を。
使い切るのにもっと時間がかかりそうなら、冷凍しましょう。水分をしっかり取り除き、保存袋に入れて冷蔵庫へ。冷凍できたら袋の上からもめば、みじん切りが完成。使うときはスプーンで必要な量だけすくえばいいですね。

レモンも使いきりが難しい食材です。切り口だけでなく全体をラップでくるみ、ラップの輪を輪ゴムで止めると2~3日は大丈夫。しばらく使わないなら、果汁を絞って小瓶に入れて冷凍しましょう。

ショウガも、ラップに包んで冷蔵庫に入れれば2~3日はもちます。それ以上なら、適当な大きさに切って皮をむいて冷凍します。使うときは、凍ったまますりおろせばOK。

最後にニンニクです。気がついたら芽が出ている、なんでことがありません?芽から水分が奪われてぱさぱさになってしまうんですよ。おいしく保存するには、根を切らないのがコツ!根を残して皮をむき、一片ずつラップに包み冷凍庫に入れます。こうすれば、食卓に香味野菜の出番も増えますよね。(20110312朝日新聞朝刊より)


香味野菜の保存方法


にんにくやしょうがを冷凍しておいて、そのまますりおろすというのは目からうろこでした。早速試します。



近藤典子さんの収納で暮らしキレイ―キッチンが使いやすくなる驚き!のアイデア (ベネッセ・ムック)
スポンサーサイト

2011.03.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 生活の知恵

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

nemu

Author:nemu
4歳児むきんぐと張合って暮らしています。
子どもがいやーな顔をしてにらむようになりました。
私がそうするからです。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア



ベルメゾンネット

E-mailはコチラ↓

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。