FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

福岡マラソン 2016 チャレンジ | その1 スタート地点に立つまで


ラクロスボール


ボルダースポーツ



2016年11月13日(日)

福岡マラソン2016を完走するまでを書こうと思います。



福岡マラソン 2016に参加しました。
昨年に引き続き2回目の参加です。


第1回目(2015年11月8日)のチャレンジは散々でした。

【種目】マラソン女子 45~49歳
【タイム】6時間15分23秒
【順位】種目順位238位・総合順位1143位

【反省点】
・ほとんど練習しなかった。
・運動不足・体重超過で体が重くて動かなかった。
・「ゴールまで絶対歩かない」を信条にしていたのに、散々歩いた。
・自己最悪記録:6時間15分23秒での完走。
・参加費用の元を取ろうと、何にも考えずに給水ポイントの水や給食を飲食しまくり、お腹がガバガバの状態に。
・給食を全種食べられなかった。(トマトの供給を楽しみにしていたのに、到着した時には配布が終わっていた。)
・中年太りで体型が変わってしまったため、昔着ていた時代遅れのウェアを無理やり着て走らなければならなかった。


福岡マラソン 2015 タイム計測タグ
2015年大会の私の記録です。30キロ以降はほとんど歩いて自己ワースト記録達成!



今年は当選した時点で、昨年のようなことのないように準備していいこうと思っていましたが、夏暑かったり、仕事が忙しかったりで、全く練習する気になりません。きちんと練習したのはお盆休みの3日だけ。
暑さも落ち着いた10月になって、さすがにこのままでは昨年の二の舞と思うようになりました。
むーきんぐのお稽古を待っている時間を練習に宛てたり、週末に時々、1時間走や2時間走をしました。
長時間走の時には愛宕神社越えを入れたりして、少し負荷を高める工夫はしました。

朝日新聞では福岡マラソンでマラソンに初挑戦する記者さんたちの「チーム鈴木の挑戦 福岡マラソン2016」を連載していました。記事を読むたびに、「みんな頑張って練習しているんだ。」と追い詰められます。しかし、仕事を終えて帰宅してしまうと、走りに出る気力はすぐに萎えてしまうのです。記事の内容はかなり参考になりました。

自衛隊応援クラブ 第6号

意外と役に立ったのが、2013年佐世保基地の「艦艇一般公開」(むーきんぐと佐世保アルカスに辻井伸行さん&アシュケナージを聴きに行った時の時間つぶし)に行った時にもらってきた、『自衛隊応援クラブ 第6号』です。
この冊子を初めて読んだ後、「足裏のアーチの活性化」という記述に目が留まりました。
”足裏のアーチは着地の衝撃を和らげるので、走る動作では、足裏のアーチがしっかりと保たれていることが重要で、走る前に活性化する必要がある”のだそうです。足裏の活性化の方法として走る前にラクロスボールのようなものを足の母子球の下に置いて、”痛みを感じる少し手前程度に体重を乗せる”とのこと。すぐにラクロスのボールを注文したのですが、実際昨年の大会時は全く使うこともなく忘れ去っていました。
今回は10月になってちょっと練習を始めてから、寝転がった時になるべく足裏でこのボールを転がすようにしました。
足の疲労の解消に少し役立ったような気がしています。

前回大会ではふくらはぎや太ももをテーピングして走りましたが、走り終わってはがすと、まっ赤にかぶれていました。
(テープの粘着力が弱まるといけないので、摩擦予防の「ボルダースポーツ」を塗らなかったのもよくなかったのだと思います。)
そこで、今回は思い切ってCWXのジェネレータ ロングタイプを買いました。
CWXのタイツは登山でその効果を実証済です。
サイズをSかMで迷いましたが、Mを購入。(←これが大失敗。実際は思っていた以上に自分が太っていた。)

フルマラソン大会前にいつも準備するもの
・ボルダースポーツ(BOULDER SUPORTS):衣服等との摩擦から肌を守ります。
・スポーツウォッチ:かつて愛用していたCASIOを復活。これに合うベルトが見つかったのです。
・キャップ
・ランニングシューズ
・デジタルカメラ


【2016年大会用に新たに準備したもの】
・THE NORTH FACE ランニングバッグ NM61514 Sサイズ(4.5L)
山を走るわけでもないのに、なぜこんなバッグを背負って走ることにしたかというと、給食で配られるおやつ等々をお腹のかわりに 収めるためです。
出される物を全部食べながら走ったら、昨年のようにお腹いっぱいになって走れなくなります。
そこで、こいつを背負って行って、空腹時でないときにはこちらに収納するのです。

・CWX ジェネレーター ロング
 かなり値段が張りますが、練習も不足しているし、体重も減っていないので、これを履いて走ることにしました。





「福岡マラソン 2016 チャレンジ | その2 せめてハーフだけでも試走」に続きます。











スポンサーサイト

2016.11.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 福岡マラソン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

nemu

Author:nemu
4歳児むきんぐと張合って暮らしています。
子どもがいやーな顔をしてにらむようになりました。
私がそうするからです。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア



ベルメゾンネット

E-mailはコチラ↓

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。