FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

花粉症 アレルギーのかゆみのメカニズム

今日も朝から目、鼻、鼻と口がつながっているあたりの粘膜の部分が非常にかゆいです。
鼻をかんでばかりいるので、鼻の周囲の皮がかさかさしています。


昨日新聞の切抜きを整理していたら、アレルギー症状のメカニズムについて書いてあるものを見つけました。
アレルギーに関して、日本は研究が進んでおり、新たな発見もあり、将来新たなお薬の開発の期待も高まっているそうです。
花粉症アレルギー症状かゆみ原因物資は「ヒスタミン」なのだそうです。





アレルギーケアフォーラム L-92乳酸菌で体質改善 アレルケア



○------------------------------------------------------------------○


◆ヒスタミンを止めろ

2月20日は、アレルギーの日
花粉症ぜんそくなど、アレルギー患者は増える一方だ。
症状を引き起こすヒスタミンの働きを止めようと、発症の仕組みの解明が続く。
この分野の研究は日本が大きく貢献しており、症状を抑える新たなターゲットが見つかってきた。


「今やアレルギーは病気というより、日本人の標準体質になりつつある」
国立生育医療研究センター研究所斎藤博久副所長は話す。
ぜんそくや花粉症など、何らかのアレルギー疾患がある人は焼く3割。
症状はないがアレルギー体質の人は、都市部では約8割という報告もある。


一般的なアレルギーの患者になるまでは二つの段階がある。

まず、準備段階
花粉ダニなどの異物(抗原)が体内に入り、その抗原にくっつく「IgE抗体」という物質ができる。
IgEは元々は寄生虫などに反応してできる。
正常な人だと生産はある程度で治まるが、免疫のバランスが崩れると、大量にできてアレルギー体質になる。
このIgEが、受け皿である受容体を持ったマスト細胞に結合。
マスト細胞は、アレルギーと密接に関わっており、これで発症の準備が整う。

次に発症段階
再び花粉などの抗原が体に入り、マスト細胞などにくっついているIgEに結合する。
すると、細胞内にあるヒスタミンなどが別の細胞の受容体に結合、くしゃみかゆみ鼻水などを引き起こす。これも本来は異物を排除する反応だ。


抗原を完全に防ぐのは不可能だが、体内のヒスタミンの作用を止めれば治療につながる。
昨年その可能性を秘めた重要な発見を日本人研究者がした。
米ラホイヤアレルギー免疫研究所川上敏明教授らは、ヒスタミンが出る段階で大きな役割を果たす物質を特定した。
この段階ではIgE抗体と抗原が発症に関係するが、抗原がわずかでも、症状が続いたり、雪だるま式に重くなったりするため、別の原因もあると考えられており、それを探る研究が続いていた。

川上さんらは、ぜんそく患者ののどの分泌液などに含まれているHRFという物質に着目した。
20年ほど前から存在は知られていたが、働きは謎だった。
マウスを使った実験で、HRFIgEに結びつき、ヒスタミン放出を促し続ける、アクセル役だったとわかった。

この結びつきを邪魔する物質2種類も発見。
ぜんそくのあるマウスに与えると、症状を抑えることができた。
川上さんは「HRFの役割が分かったことで、新しい治療法の開発に結びつく可能性が高い」と話す。



発症の最終段階に関わる大きな成果をあげたのは、京都大学の岩田想教授(構造生物学)。
ヒスタミンが結合する受容体の構造を突き止めた。
花粉症などの症状を抑える薬の代表が抗ヒスタミン薬
先回りして受容体の穴にはまって、症状を引き起こすヒスタミンの結合を邪魔する。
しかし、ヒスタミン受容体の詳細な構造は不明で、昔の薬の中には似たような構造をした別の受容体にも結合し、眠気やのどの渇きなどの副作用を起こすものもあった。
岩田さんらは、穴の精密な構造のX線を使った解析に成功。
調べた構造を元に、副作用が少ない薬の候補を26個見つけた。
19個は実際に使える可能性があるという。

岩田さんは「構造がわかれば、やみくもに候補物質を試す必要はなく、効率的な創薬につながる」と話す。
他の刺激物質の受容体でも構造を解明するのに役立つ手法だ。

アレルギー研究の大きな転換点はIgE抗体の発見だった。
米ラホイヤアレルギー免疫研究所名誉所長の石松公成博士が見つけ、その発表を米国でしたのが1966年2月20日。
日本アレルギー協会は95年、この日を「アレルギーの日」と決めた。
今ではIgEは、アレルギーの原因や重症度を調べる検査に使われている。
石坂さんは「基礎研究は使ってもらわないと、『ああそうですか』で終わってしまう。
好きでやった研究を治療などに活用してもらえたのはありがたい話です」と話す。
アレルギーは幼い頃に発症して、長期間付き合う人も多いだけに、基礎研究への期待も大きい。

☆HRFの機能:川上敏明教授らがマウスで解明
HRFがIgE抗体に結合した後、活性化が続き照応が継続・悪化することを発見。
実験でHRFを邪魔する物質を与えると症状が抑えられた。

☆ヒスタミンが結合する受容体の詳細構造~岩田想教授らがX線撮影
今まであいまいだった受容体の構造の詳細が判明。
構造をもとにコンピュータ解析すると、受容体をふさぐ新しい薬につながる可能性がある。

【アレルギー発症の流れ】
1.抗原がマスト細胞などにくっついたIgE抗体に結合。
2.マスト細胞が活性化し、ヒスタミンを放出
3.ヒスタミンが別の細胞の受容体に結合
4.鼻水、くしゃみの症状
(朝日新聞より)
朝日新聞の電子版サービス「朝日新聞デジタル」




早くアレルギー症状緩和の研究が進んで欲しいものです。
と同時に自分自身も食生活の改善に努めなければ、症状悪化の原因(花粉)、要因(黄砂光化学スモッグ)があちこちにあふれています。
もしかして、自然に復讐されているのかな。



アレルギーケアフォーラムコチラ


花粉症 L-92乳酸菌体質改善
アレルギーケアフォーラム L-92乳酸菌で体質改善 アレルケア
スポンサーサイト

2012.05.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 花粉症かゆみのメカニズム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

nemu

Author:nemu
4歳児むきんぐと張合って暮らしています。
子どもがいやーな顔をしてにらむようになりました。
私がそうするからです。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア



ベルメゾンネット

E-mailはコチラ↓

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。