スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

『ホームレス歌人のいた冬』 公田耕一さんと郷隼人さん













ようやく『ホームレス歌人のいた冬』(三山喬 著)が手に入りました。


ホームレス歌人のいた冬ホームレス歌人のいた冬
(2011/03)
三山 喬

商品詳細を見る



まだ、パラパラパラっとしかよんでいないのですが、なんと目次に「第6章 獄中歌人・郷隼人からの手紙」とあります!

朝日歌壇常連の郷隼人さんが公田さんについて書いているようです。(獄中よりの書簡)

郷さんは朝日歌壇に『囚人の己が<(ホームレス)公田>想いつつ食むHOTMEALを』という短歌を投稿していたくらいなので、この第6章を読むのがとっても楽しみです。



公田耕一さんの短歌について松井多絵子さんの評論『或るホームレス歌人を探る』が収録されている本です。


短歌研究 2010年 10月号 [雑誌]

LONESOME隼人 獄中からの手紙

スポンサーサイト

2011.05.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 短歌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

nemu

Author:nemu
4歳児むきんぐと張合って暮らしています。
子どもがいやーな顔をしてにらむようになりました。
私がそうするからです。

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア



ベルメゾンネット

E-mailはコチラ↓

QRコード

QRコード

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。